産経オンライン英会話のレッスンの評価は?他社と徹底比較!

こんにちは!オンライン英会話ランキング.com管理人の英太郎です!

今回は産経オンライン英会話のレッスンがどのような評価を受けているのかという点について解説していきます!

スタンダードな日常英会話だけでなく、ビジネス英会話や実践的なレッスンまで用意されているのが産経オンライン英会話の特徴。

ですがもっと深く知りたいという人のために、この記事では産経オンライン英会話のレッスンについて細かいところまで紹介していきます!

佐藤
あの産経なだけあって信頼度は高そうだけど、実際はどうなのかしら?

やっぱりビジネス英会話にも強いのかしら?

英太郎
レッスンだけじゃなくて全体的なサービスも高い評価を得ているのが産経オンライン英会話の特徴だよ。

詳しく解説していくから確認してみてね。




産経オンライン英会話のレッスン評価は?

早速産経オンライン英会話のレッスンについて解説していきますが、第一に挙げられる特徴としては日常英会話とビジネス英会話の両方のレッスンの品質が高いということです。

他のオンライン英会話にもビジネス英会話レッスンはあるにはあるのですが、正直ちゃんと品質が保たれている会社となるとかなり限られてしまいます…。

やはり専門的なレッスンであればその分深い知識が必要とされますからね。

なのでビジネス英会話を学びたいのであれば各オンライン英会話のビジネス英会話専門コースか、Bizmatesのようなもともとビジネス英会話に特化しているオンライン英会話をおすすめしたいところですが、そうなるとレッスンは割高に…。

しかし産経オンライン英会話ならレッスン料金は最安値レベルなのに、日常英会話とビジネス英会話のどちらのレッスンも高いレベルで受講することができます!

ここはやっぱり産経の名前の通り、期待を裏切りませんね。

また産経オンライン英会話では他のオンライン英会話ではなかなかない専門的なレッスンも充実しているのですが、中でもユーザーにとってありがたいと思ったのは「職業別英会話レッスン」

その名の通り、特定の職業別によく使う専門店的なフレーズなどを学べるので、「英語で接客をできるようになりたい」というような目標を持っている人にはかなりおすすめです!

英語力診断テストも充実!

上で紹介した通りカリキュラムの種類が豊富な産経オンライン英会話ですが、その中には自分の英語力を測る実力テストも用意されています!

用意されているのはGCATとCASECの2種類

まずGCAT(ジーキャット)とは産経オンライン英会話が開発した独自の英語レベル認証テスト。

「Global Communication Ability Test」の略称なのですが、このテストで普段のレッスンで自分がどれほど上達したのかを確認することができます。

またこのテストの嬉しいところはいつものレッスンと同じように、追加料金なしで受講できるということ!

テスト内容もレベル別に細かく分けられているので、低いレベルからでも一つずつ合格していくことで着実に自分のレベルを押し上げてくことができます。

続いてCASEC(キャセック)についてですが、こちらは英検が開発したオンラインテスト!

受験費用として3,600円かかってしまうのでそう頻繁に受けることはできませんが、個人だけでなく企業や学校でも広く取り入れられています。

その理由はというと、CASECは24時間いつでも受験できてテストが終わり次第すぐ結果が発表されるというメリットがあるから。

英検・TOEIC目安に換算したスコアも表示されるので、その事前対策としてうってつけのテストです。




平日忙しい人でもOK!

またレッスン内容とは直接関係ありませんが、産経オンライン英会話を利用しようか迷っている人の中には仕事のためにと考えている人も多いのではないでしょうか?

となると平日は忙しくてなかなかレッスンの時間が確保できないという人もいると思います。

もちろん可能であれば、毎日レッスンが受けられる「毎日25分プラン」・「毎日50分プラン」のどちらかが望ましいのですが、そういうわけにもいかない人には「週末50分プラン」がおすすめです!

金・土・日の3日間で、1日2レッスン、つまり1週間で合計6レッスン受けられるコースなのですが、これなら平日仕事で忙しいという人でも問題なくレッスンを受けることができます。

またこのプランのもう一つのメリットは料金が「毎日25分プラン」と同じ月額5,980円だということ!

他のオンライン英会話の似たようなプランだともっと割高になってしまうため結局毎日プランを選んだ方がマシということになってしまうのですが、それはそれでレッスンが無駄になってしまってもったいないですよね…。

しかし産経オンライン英会話の「週末50分プラン」なら料金も安いですし、レッスンも無駄になりません!

なので週末に集中してレッスンを受けたいという人にはかなりおすすめです!

他のオンライン英会話と比較してみる

また産経オンライン英会話と他のオンライン英会話とではどんな違いがあるのでしょうか?

「産経オンライン英会話のことはよくわかったけどそれ以外はどうなんだろう?」と気になる人も多いと思うので、各社の料金やそれぞれの詳細を表にまとめてみました!

※月額料金は各オンライン英会話の毎日1回レッスンを受講できるコースの税込価格を表示しています。(ネイティブキャンプのみ表示価格でレッスンが受け放題です)

※1レッスンあたりの料金は各オンライン英会話の月額料金を31で割った数字を表示しています。小数点以下は四捨五入しています。

※表示されている情報は時間経過により変更されている場合があります。正確な情報は各ホームページをご覧ください。

今回は産経オンライン英会話のほか、当サイトがおすすめする人気オンライン英会話のみを表にしてみましたが、それぞれの詳細は以上の通りです。

こうして比較してみると産経オンライン英会話はレッスン料金は安いものの、講師の数が少し物足りないという印象ですね。

ただ産経オンライン英会話の講師は数が少ない分かなり能力が高いです!

書類選考・面接・指導・模擬授業などの過程を終えて初めて講師として採用されることになるのですが、その採用率はたったの1.2%!

まさに少数精鋭と呼べる講師たちが所属するオンライン英会話ということですね。




とりあえず無料体験レッスンを試してみよう!

産経オンライン英会話のレッスンや講師に関する詳細は以上の通りです!

今回の記事で産経オンライン英会話のレッスンや講師たちがどれだけ優れているのかということをわかってもらえたと思います。

しかしだからといって、今までオンラインレッスンを受けたことがない人がいきなりお金を支払うのは不安なのではないでしょうか?

そこは産経のように知名度が高い会社でも同じだと思います…。

なのでまずは自分自身でレッスンがどのようなものなのか体験してみたいところですが、そこでおすすめなのが無料体験レッスン

文字通り、産経オンライン英会話のレッスンを無料で受けることができるサービスです。

産経オンライン英会話の場合は2回分のレッスンを受けることができますが、無料体験レッスンは他のオンライン英会話でも同様に実施されています。

複数の会社のレッスンを受けることでそれぞれを比較することもできるので、まずは気軽に試してみましょう!

佐藤
レッスンがすごいってことはわかったけど、それだけじゃやっぱり不安よね。

無料体験レッスンがあるなら本当に自分に合っているかわかりそう!

英太郎
産経オンライン英会話の講師は基本フィリピン人だけだけど、体験レッスンなら日本人講師も選択することができるよ。

自分の英語力に自信がない人でも安心して受けてみてね。

おすすめのオンライン英会話ランキング!